« 自社の人材に関する分析 | トップページ | 独立した外国貿易企業のウェブサイトを構築するには? 指導方法につ... »

2022年10月10日 (月)

うつ病は人類にとって2番目に大きな殺し屋になりつつある! それを...

すでに成功の半分以上に近いと言われています

また、うつ病などの精神疾患を患う人もいます。

うつ病の病因は、通常、我々は目に見えない資産、低気分の感情、不安、不眠症、自己実施否定、抑鬱症藥物で、これらの否定的な言葉は、しばしば患者自身に影響をうつ病に表示されやすい、うつ病も患者が光の思考をすることができます。

うつ病を患っている方にとって、「うつ病は治りにくい」「治療の必要はない」と考え、陪診る傾向があります。

うつ病は本当に治るのか?

うつ病の治療では、うつ病が怖いのではなく、病気を回避することが怖いのです。 抗うつ剤の話をすると、青ざめる患者さんが多いんです。 依存性や副作用を恐れ、無視することを選択し、結果的に悲劇を招いてしまうのです。 また、症状が少し良くなると抗うつ薬の服用をやめてしまい、再発を繰り返し、最終的には生涯服薬が必要になる患者さんもいます。

実際、うつ病を完治させるには、長期間の治療を継続することが、すでに成功の半分以上に近いと言われています。

うつ病はどのように治療するのですか?

うつ病の主な治療法は、心理カウンセリング、薬物療法、生活や学習方法の変化などです。 治療法は人それぞれです。 患者さんと医療スタッフが協力して、最適な治療法を見つけるための取り組みを展開する必要があります。 うつ病の方の回復には、タイムリーで効果的な治療が非常に重要です。

薬物療法

抗うつ剤には以下のものがあります。

5-HT 再取得阻害剤:フルオキセチンなど

選択的5-ヒドロキシトリプタミン及び(-)-ノルエピネフリン(NE)再取り込み阻害剤:例えばベンラファキシンなど。

5-ヒドロキシトリプタミン2A受容体拮抗薬及び5-ヒドロキシトリプタミン再取り込み阻害薬(SARI):Trazodone(トラゾドン

三環系抗うつ薬

NE およびドーパミン(DA)再取り込み阻害薬(NRRI):ブプロピオン

中でもブプロピオン塩酸塩錠は、抗うつ作用を中心に、抗不安作用、抗強迫作用を併せ持ち、患者さんのうつ症状を躁状態に変えない新しいタイプの抗うつ剤です。したがって、患者さんは必要であれば、医師の指示に従い、ロフォテンブプロピオン塩酸塩錠をうつ病の治療に使用することができます。

 

« 自社の人材に関する分析 | トップページ | 独立した外国貿易企業のウェブサイトを構築するには? 指導方法につ... »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自社の人材に関する分析 | トップページ | 独立した外国貿易企業のウェブサイトを構築するには? 指導方法につ... »