« 高額な家を持つ留学生の3つの特徴、どれか1つでも勝てば祝福される。 | トップページ | トナーの役割は何ですか?トナーの使用におけるいくつかの大きな間違い »

2021年1月12日 (火)

小さなストロークとは何ですか?その外観は、ストロークが「近づいている」ことを意味しますか?

6_20210112142101

小さなストロークとは何ですか?それとストロークの関係と違いは何ですか?誰もがストロークについて聞いたことはありますが、小さなストロークについてはあまり知られていません。では、小さなストロークとは何ですか?

脳卒中の症状が軽度の場合、または脳卒中の症状が短命である場合、軽度の脳卒中と見なされます。また、一過性の虚血性発作も小発作であり、軽度の梗塞や症状が非常に軽度の小穿孔血管などの小動脈も小発作とみなされます。

小さなストロークはストロークの前兆ですか?小さなストロークとストロークの関係は何ですか?

第5に、小さなストロークが頻繁に発生する場合、これは非常に明確な警告信号であり、細心の注意を払う必要があります。そうしないと、大きなストロークが発生しやすくなります。中国医学には「めまいは脳卒中の段階的な脳卒中」という言葉があります。

特に一部の高齢者はめまい発作を繰り返す傾向がありますが、この種のめまいはすぐに良くなり、しばらくすると再び起こります。短時間でめまいが繰り返し発生する場合は、脳卒中の兆候ではないかと強く疑われますが、治療の遅れを避けるため、早急に医師の診察を受けることをお勧めします。

脳卒中になるために注意すべき症状は何ですか?

では、めまい以外のマイナーストロークの症状は何ですか?マイナーストロークの症状はメジャーストロークの症状と同じです。つまり、小さなストロークで脳のどの機能領域が損傷し、どの機能領域が機能を支配するかが減少します。したがって、小さなストロークの症状には、口のゆがみ、顔の麻痺、舌のゆがみ、発話不良、嚥下困難、手足が含まれますしびれ、手足の弱さ、手足の重さ、めまいはすべて小さなストロークの症状です。

これらの軽度の脳卒中症状が現れたら、主治医は患者に標準化された脳卒中スクリーニングのためにすぐに病院に行くことを勧めます。一部の患者は小さな脳卒中を起こし、症状が数分または10分間現れることがありますが、それでも患者自身は気にしません。

しかし、主治医のXu Haoyouは、同様の軽度の脳卒中症状が発生した後は、全員ができるだけ早く行動する必要があり、すぐに病院に行くことが最善であると考えています。これが可能であれば、医師は関連する症状に基づいて会社の一連の検査をさらに発展させ、改善して、患者の血糖に問題があるかどうか、血中脂質に問題があるかどうか、血液ルーチンに問題があるかどうか、大動脈と心臓に病変があるかどうかを判断できます。

これらの潜在的なリスク要因をできるだけ早く発見してください。これらの危険な環境要因は、時期尚早の爆弾のようなものです。したがって、企業が大規模なストロークを効果的に回避できるように、身体のどの部分にこれらの隠れた危険があるかを明確に要求し、それらをタイムリーに分析および調査する必要があります。

« 高額な家を持つ留学生の3つの特徴、どれか1つでも勝てば祝福される。 | トップページ | トナーの役割は何ですか?トナーの使用におけるいくつかの大きな間違い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。